運営者情報(プロフィール)と写真販売履歴

目安時間 8分

札幌在住のシニアカメラマンのkitaです。

カメラを使い始めてから30年くらいです。

ストックフォトは20年くらいやっています。

このサイトではカメラの基礎的な使い方ストックフォトで売れやすい写真の撮影方法
などを書いています。

 

パナソニック DC-G9の使い方についても解説していきます。

下の表は今までにストックフォトで売れた写真の一部です。

販売された写真 使用内容 クライアント
ペンギンの散歩 ポスター 医療関係
さっぽろ雪まつり国際雪像 パンフレット 北海道観光関連
さっぽろ羊ヶ丘展望台 パッケージ 酒製造会社
札幌市街 雑誌 北海道ウォーカー
クラーク博士像 パッケージ 酒製造会社
花火 プログラム
さっぽろ時計台 NTTドコモ
さっぽろホワイトイルミネーション 動画内カット マンション販売会社
よさこいソーラン祭り パンフレット 学校
さっぽろシティジャズ リーフレット 観光会社
冬の円山公園 ホームページ 不動産会社
札幌駅、円山の町並み ホームページ 常口アトム
さっぽろ時計台 業界雑誌 印刷組合
さっぽろ時計台 パンフレット表紙 るるぶフリー
北海道神宮 パンフレット 東急不動産
信号機 教材 教育関連会社
豊平館、平岡公園 パンフレット 札幌市
さっぽろホワイトイルミネーション 新聞 朝日新聞
北海道神宮祭り パンフレット 不動産会社
豊平公園 パンフレット JTB
JRタワー 雑誌表紙、記事内 角川書店
江別の建物 ポスター JR北海道
ニセコ神仙沼 ちらし ほくでん
フランセス教会 ホームページ 札幌市情報プラザ
ニセコ神仙沼 雑誌 クラブツーリズム
札幌駅 パンフレット 札幌市
大沼の朝日
ラベール教会
滝川の菜の花畑
富良野 彩香の里
富良野 ファーム富田
滝野すずらん丘陵公園 コスモス
ハンドベル
洞爺湖のホテル
十勝の雪原
なきうさぎ、エゾリス、キツネ、
モエレ沼公園

最初はフィルムの一眼レフを使っていました。ニコンF90、F601などです。

富士のベルビアというフィルムをよく使用していました。発色が派手です。

当時はスズキエスクードという4輪駆動車で遠くまで撮影に行きました。

 

大雪山、旭岳に登ったり帯広の近くの然別湖、知床、富良野、ニセコ、函館など定番の地域です。

フィルムは36枚しか撮影できなくて10本くらい持って行っても写せるのは360枚です。

今考えると少ないです。

 

最近は1日で数千枚撮影することもあります。

その代わりにパソコンで良いのを選んだり編集するのに時間がかかるようになりました。

フィルムはポジとネガがあります。

 

プロ、ハイアマチュアはポジフィルムを使う人が多いです。

それを下から光を当てるライトボックスの上に置いてルーペで拡大して見ます。

普通は35ミリフィルムを使いますが画質にこだわりが出て来るとブローニーフィルムという大きいサイズのを使用するようになりました。

 

ポジフィルムは別名リバーサルフィルムあるいはスライドフィルムとも言います。

カメラも大きいフィルム用のを使います。

 

ペンタックス645、67、富士フィルム645,69などのカメラを使っていました。

645、67というのはフィルムのサイズです。

6×4.5や6×6、6×7、6×9などが代表的ですが、その種類は様々。
この名称はそのままネガの一コマを表しています。このCONTAX645は一枚のサイズが6×4.5cm
120のブローニーフィルムでネガを16枚撮影できます。
https://news.mapcamera.com/maptimes.php?itemid=31498

最初のデジタルカメラはニコンD70でした。その次がニコンD90.

富士フィルムS3pro、キヤノン7DmarkⅡ、キヤノン80d、ニコンD3、OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II なども使用しました。
最近使っているのはパナソニックDC-G9、FUJIFILM X-T20です。

 

そのうちに写真で稼げるというのでストックフォトを始めました。
動画も撮影してストックフォトのサイトで販売しています。
値段が安いストックフォトサイトが増えてきたので収入は少ないです。

フィルム時代は数千万円稼げたカメラマンもいたらしいです。
自分には無理ですけどね。

 

今は動画の方が高く売れるので撮影することが多くなりました。
4K動画をたくさん映すとデータが大きいのでハードディスクの容量がどんどん減っていきますね。

 

そのほかにアマチュアスポーツの撮影を6年間くらいやっています。
空手、マラソン、バスケットボール、バレーボール、トライアスロン、スキー、などの大会を撮影しました。

空手大会は小学生から大人まで出場しています。午前10時から午後4時ころまでの撮影で8000枚くらいになったりします。

 

マラソン大会も数百人を全員撮影するように指示されます。

カメラマンは3人とかでスタート、ゴール、中間地点など担当に分けてやります。

写真は管理している会社のサイトで販売して売れた枚数の何パーセント分と撮影料が収益になります。
たくさん売れないと稼げないです。

 

真夏の大会では長時間外なのでつらいこともあります。
体育館でやるスポーツは7時間くらい撮影になったりするので結構きついです。

カメラマンは登録制で応募して来るのですが1回で辞めてしまう人もいました。

 

そんなわけでカメラ、レンズを色々と使ったことがあるのでブログで体験したことなどを書います。

では、よろしくお願いします。

 

無料イラスト
無料イラスト素材【イラストAC】
写真素材のピクスタ
アーカイブ
タグ
最近の投稿
プロフィール
FAAP