棒にカメラを固定するにはどうするか

目安時間 3分
カニばさみクランプ

せまい場所で三脚を使うことができない場合どうするかの方法です。

動画でぶれないように撮影するにはカメラを三脚に固定しますね。

ライブハウスなどで動画撮影するときに満員では三脚を使うと邪魔になりまよね。

それで金属で組み立てた棚などの棒状のものがあったらカニばさみクランプでカメラを固定できますよ。

蟹バサミクランプ

 

クランプには自由雲台を付けます。

雲台は三脚の上についているカメラを固定するものです。

自由雲台はレバー一つでカメラを固定できます。

簡単に扱いやすいですよ。

自由雲台

クランプと自由雲台だけではカメラが棒にぶつかってしまうので間に金属のものを入れます。

間に入れる物は「スピゴット」という名前です。

こうすれば軽いミラーレスカメラ、ビデオカメラなら落ちたりする可能性は低いでしょう。

望遠レンズ、重たい一眼レフの場合はもっと大きいクランプを使います。

 

スーパークランプ 035|マンフロット クランプ 固定 manfrotto 撮影機材 カメラ

小さい三脚が置けるならそれも良い方法です。

ミニ三脚

EX-MACRO ベルボン アルミ製ミニ3段三脚 EX-マクロ Velbon

 

 

《新品アクセサリー》 Velbon (ベルボン) ミニ三脚 M32 mini【KK9N0D18P】

一脚の下に小さい三脚がついているような製品もあります。

それなら狭い場所でも邪魔になりません。

三脚よりは不安定なので人がぶつからない場所に置きます。

自分で一脚を持っていれば倒れないので良いです。

一脚は手で持ち上げると前に人がいてもさえぎられずに撮影できます。

1本持っていると便利ですよ。

動画用の一脚もあります。

日本製のよりマンフロットがお勧めです。

マンフロットはイタリアのメーカーです。

結論はカニばさみクランプと自由雲台で棒などにカメラを固定すれば狭い場所でも撮影できますよ。

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: 
無料イラスト
無料イラスト素材【イラストAC】
写真素材のピクスタ
アーカイブ
タグ
最近の投稿
プロフィール
FAAP