マンフロットの三脚がダメな理由、Manfrotto MT190XPRO3 [190プロアルミニウム三脚 3段]

目安時間 2分
マンフロット190三脚

マンフロットの三脚は良い面もありますがダメな部分もあります。

日本製のスリック、ベルボンと比較して故障しやすいです。

日本製では10年使っても壊れたことはありません。

マンフロットは数年で使えなくなりました。

ダメなことを書く人が少ないのはあまり使っていないので耐用年数がわからないからです。

ネットではマンフロットが最高だという記事が多いです。

実際に使ってみたら壊れました。

修理代が高そうなので修理に出していません。

日本製はほとんど故障しないので信頼できます。

ネット情報をなんでも信じると困ることになるかもしれません。

マンフロットの三脚は分解してみると小さいプラスチックのパーツとかあって

耐久性がなさそうだとわかります。

現場で三脚が故障すると荷物になるだけで何の役にも立たなくなります。

ただし、マンフロット製品でも雲台などは良いのがあります。

三脚も高額のなら故障はしにくいでしょう。

マンフロットでダメだった三脚は

190シリーズのです。

190プロアルミニウム三脚4段

センターポールが固定できなくなって使用できません。

それから脚が自重で抜けたこともあります。

初心者向きの三脚で人気がありますがハードに使用する人にはおすすめできません。

 

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: 
無料イラスト
無料イラスト素材【イラストAC】
写真素材のピクスタ
アーカイブ
タグ
最近の投稿
プロフィール
FAAP