EF70-300mm F4-5.6 IS II USMとLUMIX G VARIO 100-300mm / F4.0-5.6 IIの写真比較

目安時間 2分
EF70-300mm F4-5.6 IS II USM 300mm-7

キヤノン、EF70-300mm F4-5.6 IS II USMとパナソニック、LUMIX G VARIO 100-300mm / F4.0-5.6 IIの写り方が
どう違うかの比較をしてみました。

撮影対象はさっぽろテレビ塔です。大通公園の1丁目にあります。
高さは147.2m、昭和31年建築です。新しく作る計画があったらしいですが中止になりました。

最初は1丁目の芝生から撮影しました。カメラとテレビ塔の距離は80メートルくらいです。

EF70-300mm F4-5.6の焦点距離70mmで撮影

EF70-300mm F4-5.6 の焦点距離300mmで撮影

LUMIX G VARIO 100-300mm の焦点距離100mmで撮影

LUMIX G VARIO 100-300mm の焦点距離300mmで撮影


パナソニックのマイクロフォーサーズのカメラはキヤノンなどのフルサイズセンサーの2倍の焦点距離になります。

そのため同じ場所から同じ焦点距離のレンズで撮影するとマイクロフォーサーズが大きく撮影できます。

だから望遠レンズで遠くのものを大きく撮影したいときに有利です。

動物、野鳥などを写したいなら機材も軽くなって動くのが楽になりますよ。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: 
無料イラスト
無料イラスト素材【イラストAC】
写真素材のピクスタ
アーカイブ
タグ
最近の投稿
プロフィール
FAAP